毛皮研究会

どうしてる?毛皮の保管方法

冬には活躍する毛皮。最近では、一部だけ毛皮になっているデザインのコートなどが定番になり、どうせ家で洗濯はできないし、保管方法もわからない、と何もせずにクローゼットへ…という方が意外と多いと思います。次のシーズンまで、どのように保管しておくのがベストか、意外と知らない毛皮の保管方法を、簡単にお教えしましょう。 まず着用した後は、ご家庭でできるお手入れとして、ほこりを軽くたたき出し、手で毛並みを整え、必要に応じてブラッシングをして下さい。もし濡れた場合は、水分をしっかり取り除き、陰干しで乾かします。それでも汚れが取れない場合は、専門のクリーニングにお任せしましょう。 ここからが保管方法ですが、毛皮は湿気と害虫に弱いもの。保管する際は、高温多湿に気をつけ、通気の良い場所に吊るす。また、紫外線の当たる場所や、狭いところに押し込んで、他のものと擦れないように注意して下さい。通気性の良い不織布などのカバーなどをして、防虫剤なども直接毛皮に触れないように気をつけましょう。