毛皮研究会

毛皮の手洗い方法について

毛皮が使われている商品を売りたいと思った際に、重要なのはお手入れ方法です。毛皮は扱いが難しくクリーニング店に任せたほうがよいのではないかと考える人も多いかもしれませんが、やり方さえ知っておけば手洗いすることも可能です。クリーニング店に出せば数千円という金額が飛んでいくことになるので、手洗いをすることによって節約にもなります。 毛皮の正しい手洗いの方法としては、素材を傷めないように40度くらいのぬるま湯で洗うことが大切です。また、その際に使用する洗剤ですが、中性洗剤で規定されている分量よりも少なめに使用することが大切です。ぬるま湯に沈めて、揉んだりこすったりするのではなく、押し洗いをしていきます。押し洗いの後は、冷水や流水で泡が出なくなるようになるまですすぎ、別の容器にあらかじめ準備しておいたヘアトリートメント剤をとかして毛皮になじませ、洗濯機にかけます。脱水後はバスタオルで水分をしっかりとふきとります。 毛皮の種類によって洗い方も違うので、事前にしっかり確認することが大切です。