毛皮研究会

毛皮製品を家庭で問題なく管理する方法

毛皮は、表面が細かい毛に覆われているため、手入れの方法を間違えてしまうと、ノミやダニ、カビなどが多く発生してしまう問題を引き起こす可能性があります。 まず、洗い方としては、あまり泡などをたてて擦るようなやり方はふさわしくありません。表面の毛皮部分が剥げてしまったりすることを防ぐためです。また、泡を立てすぎてしまうと、すすぎの段階で毛などが抜け落ちてしまう可能性があるので、注意して洗っていきます。 この後、乾かす際には、通常の衣服と同じような感覚で取り込むことのないようにしましょう。中までしっかり乾かさなければ、じめじめしたままになるため、カビなどの問題が生じてしまいます。 そして、毛皮を収納する際には、あまり湿気の多い場所に置かないよう、心掛けることで、上記のような問題を防ぐ事ができます。防腐剤などもしっかり用意し、その後も頻繁に洗濯をする必要はありませんが、定期的に干すようにして、上手く管理するようにしましょう。